ジュンヌバレエYOKOHAMA

クラウドファンディング実施中(2017年2月27日23:00まで)
***********************************************

【ジュニア世代の優秀なバレエダンサーを世界レベルのプロに!】
横浜バレエフェスティバル出演のフレッシャーズや出演者オーディションなどで才能を見込まれた若手ダンサーを世界レベルに育成していく「ジュンヌバレエYOKOHAMA」。

その活動のご支援をいただける方を募ります。

●横浜バレエフェスティバルTシャツ(限定カラー) 10,000円
●公演チケット2枚(公演日選択可) 25,000円
●チケット2枚+本公演終了後の出演者レセプションご招待付き 30,000円

他にも、さまざまなリターンをご用意しております。
若手育成の応援を是非、お願いいたします。

詳細ページはこちら⇒ https://readyfor.jp/projects/11141

***********************************************

ジュンヌバレエYOKOHAMAプロジェクトから横浜バレエフェスティバル2017に出演するキャストが決定いたしました。

オーギュスト・パライエ(カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校)
オーギュスト_face

川本真寧(2015オーディション優勝)
kawamoto-matoi01

中村りず(2015オーディション第3位)
nakamura rizu01

縄田花怜(2016オーディション優勝)
縄田花怜S

中島耀(2016オーディション神奈川県民ホール賞)
中島耀S

そのほか、2017オーディションで優秀な成績を修めたダンサーも出演の予定です。
どうぞご期待ください!

***********************************************

ジュンヌバレエYOKOHAMA(Jeune Ballet Yokohama )設立

横浜バレエフェスティバルは2015年の初回開催より、”次世代育成”に力を注ぎ、
本公演でのフレッシャーズガラの上演のみならず、
若手の為のワークショップや、本番同様の舞台上でのオーディションなどを実施して参りました。

今回、その試みを加速させるべく、新たに、ジュンヌバレエYOKOHAMAを設立致します。
グループのプロデューサーは吉田智大、芸術監督は遠藤康行、バレエマスターは高岸直樹という布陣で
グループを支えます(ゲスト講師で他講師が加わる可能性あり)。

ジュンヌバレエYOKOHAMAでは10名前後の10歳以上20歳以下のダンサー(国籍不問)を選抜し、
来年、2017年6月9日、10日に開催される第3回横浜バレエフェスティバルの公演に初参加致します。
(出演日未定)

選抜方法・メンバーは、プロデューサー・芸術監督の合議により決定します。
10名前後のメンバーを想定しており、10歳以上20歳以下のダンサーならば所属・国籍不問です。
前2回の横浜バレエフェスティバルオーディション参加者及び、2017年に向けての横浜バレエオーディション(2016/12,2017/3開催)参加者は選抜対象となります。

世界のバレエ事情を見る中で、次世代を担うバレエダンサーに
”プロになる為の踊りの幅””プレゼンテーション力”を身につけて頂きたいと考え、
下記を提供したいと思います。

1)世界で活躍した日本人ダンサーから直接学べる機会

2)クラシックバレエダンサーの為のコンテンポラリーダンス教育

3)プロフェッショナルバレエダンサーになる為のプレゼンテーション力

4)振付家と創作時におけるコラボレーション力

5)世界で活躍中のダンサーと同じ舞台での出演経験

選抜されたダンサーは主に日曜日に都内もしくは横浜市内で(月に1、2回)行なわれるクラスやリハーサルに参加します。
現在通われているバレエ学校やバレエ教室の所属はそのままでご参加いただけます。
将来プロを目指すダンサーの挑戦をお待ちしております。
(注)公演参加に際してのチケット負担はございません。

*****************

ジュンヌバレエYOKOHAMA
芸術監督・遠藤康行からのメッセージ

~ジュンヌバレエYOKOHAMA ( Jeune Ballet Yokohama) JBY設立に向けて~

今、世界また日本のバレエ団では、クラシックのみならずネオクラシック、
コンテンポラリーとかなり幅広いレパートリーを上演しています。
プロのダンサーになるためには今何が求められているか?
それはテクニック、プロポーションだけでなく、
自身のプレゼンテーション能力やクリエーション能力そしてコラボレーション能力などが大きく要求されます。

常に受け身ではなく能動的に自分を表現する力をつける事が大事だと私は考えます。
身体の中から湧き出てくる表現を個性豊かに自分らしく伸ばしていく

JBYに入り、そこで経験するクラス・創作活動・舞台経験によって
未来のグローバルダンサーを目指し、羽ばたいてもらいたいと考えております。