公演概要

 横浜バレエフェスティバル2017
~バレエの”力”が6.9、6.10に”かながわ”へ集結!
主催:株式会社ソイプランニング、神奈川県民ホール

開催予定:
2017年6月9日(金)  19:00開演(上演時間と休憩時間を含め、約2時間の予定)/Aプログラム
2017年6月10日(土) 16:00開演(上演時間と休憩時間を含め、2時間半の予定)/Bプログラム

【Aプログラム・Bプログラムの予定演目について】
AプログラムとBプログラムでは上演作品が7割程度異なる予定となっております。
クラシックのパ・ド・ドゥでもAプログラムとBプログラムではダンサーは同じでも
出来る限り違う作品を楽しんで頂く予定です。
演目詳細発表は2月中にさせていただく予定ですので、ご期待ください。

会場:神奈川県民ホール 大ホール

好評のうちに幕を閉じた2016年の横浜バレエフェスティバルに引き続き、
2017年は金曜、土曜の2回公演を開催することとなりました!

バレエを一度も見たことが無い方、バレエファンの方 両方が楽しめる公演を開催。
バレエには様々な力“美・激・動・速・寂”などがあり、その多様性と力を感じていただけるラインナップと出演者で再び魅せます。
日本の至宝と世界トップレベルのバレエのエッセンスをぜひ!

芸術監督:遠藤康行(元フランス国立マルセイユ・バレエ団 ソリスト/振付家)
プロデューサー:吉田智大

*出演者、上演予定作品は決まり次第公式サイトにてお知らせいたします!

横浜バレエフェスティバルのコンセプト
本公演は、若いダンサーと円熟したダンサーという、年齢や経験による違い。
クラシックバレエの定番から、なかなか見られないコンテンポラリーダンスまでの、演目のバラエティー。この2つの軸を1公演に盛り込んでしまおうというコンセプトです。
また、1人の芸術監督が公演全体のディレクションをし、オープニングとフィナーレを創り、演目の配置やバランスを調整する事により、ガラ公演でありながら一つの作品のように感じていただけることを意識しております。

今年も下記3つの価値をご提供するのを目標に公演を実施させて頂きます。

ご覧になる方に提供したい価値:
1公演でクラシックバレエからコンテンポラリーダンスまで、バラエティー豊かな演目を楽しんで頂き、自分好みのダンスを発見していただく。
ダンサーについては、今をときめくフレッシャーズからワールドクラスのプリマまで一挙にご覧いただく。

出演される方へ提供したい価値:
出来るだけ出演ダンサー間のコミュニケーションが生まれるように出来ればと考えております。所属を超えた同世代ダンサー同士のコミュニケーション、ベテランと若手とのコミュニケーションが生まれ、それが将来、出演ダンサーの財産になればと思っております。

バレエ・ダンス界に提供したい価値:
本公演はその演目バラエティとダンサーのバラエティにより、ご覧になる方も特定のダンスのファンの方だけではなく、初めてのバレエ公演鑑賞の方を含めた、多種多様なお客様になると思われます。具体例としては、クラシックバレエを習っているお子様がコンテンポラリーダンスの魅力を初めて知る。「バレエとは白い衣裳を着て踊るという典型的なイメージがガラッと変わった」というような初めてのバレエ鑑賞の方が出来るだけ多く生まれればと思っております。本公演によって、バレエ・ダンスという芸術に興味を持つ方が増え、日本のバレエ文化の発展に少しでも貢献できればと考えております。

 

プロデューサー 吉田智大からのメッセージ
2015年に初開催の横浜バレエフェスティバルも3年目を迎えられる事となりました。応援していただいているお客様、世界各国から集まってくれている出演ダンサーの皆様、共催していただいている神奈川県民ホール様、ご協力・御協賛いただいている皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

今年は1回公演ではなく、初めて2日間に渡り、Aプログラム、Bプログラムの計2公演を上演致します。
1日だけてはお伝えしきれなかったダンサーの様々な魅力、作品のバラエティー、
ガラ公演なのにストーリーバレエのように一体感のある演出をご覧頂きたと考えておりますので、
お時間が許すようでしたら是非2日間ご覧頂ければと存じます。
フレッシャーズガラにおいては、未来のグローバルダンサー育成プロジェクトであるジュンヌバレエ横浜の出演も見どころです。
2015年,2016年のオーディション選出ダンサーも加入しており、そのメンバーの成長も見届けていただければと思います。
ワールドプレミアムにおいては、今を煌くダンサーの出演はもちろん、滅多に一度ではご覧頂けない、
振り付け家による作品の競演が見どころになります。

昨年、終演後に入り口付近でお見送りをしてた際の”お客様達が心から楽しんで下さった様子”が
まだ目に焼きついております。昨年を上回る感動、感激、そして笑い(?)を目指して、芸術監督そして
スタッフ一同1年がかりで創り上げる舞台です。

皆様方にとって公演開催日が1年の最高の日内の1日になりますよう願っております。

芸術監督 遠藤康行からのメッセージ
今年で3回目を迎える横浜フェスティバル2017。
継続は力なり、お陰様で沢山の方々の御力添えと応援をいただき、2015年当初より長いスタンスでの進化を念頭に入れたきたフェスティバルが成長、発展を重ね以前から構想していた事が少しずつ実現されてきた事を喜びに感じ入っています。

今回の横浜フェスティバルはAプログラム、Bプログラムと二日間に渡り開催いたします。
それぞれ魅力のあるダンサーや作品を取り揃え、二日共に世界のダンスの魅力に陶酔していただけるプログラムを考えています。
予定されているキャストはクラシックバレエでは昨年も舞台を盛り上げてくださった、アメリカで活躍されている洗練された魅力ボストンバレエの倉永美沙さん、オーストラリアバレエ団から大迫力のカップル近藤亜香さん、チェンウ・グォさんが出演いたします。
そして振付家の巨匠マッツ・エックの「ロミオとジュリエット」をエック氏に信頼されているダンサーの一人である元NDTの湯浅永麻さんとスウェーデン王立バレエのアントン・ヴェルドヴァウワーさんが日本初演にて披露します。
また今世界中で最も人気の高い振付家シディ・ラルビ・シェルカウイ作品をロイヤル・フランダース・バレエ団の加藤三希央君が踊る予定です。

更に今年から才能溢れる若いダンサー達を集結し未来のグローバルダンサー育成プロジェクトとして「ジュンヌバレエYOKOHAMA 」が始動します。
若い無限な力に触発され、私自身も期待に胸を膨らませています。

まだまだこれから新情報は随時発表いたします。
また新たな感動に出会える瞬間を楽しみに6月9日、10日、是非神奈川県民ホールでお逢いしましょう。